• iPhoneとAndroidの機能の違いは

    iPhoneはAndroidと比べると、シンプルで使いやすいという点でとても優れております。


    無駄なアプリや機能が標準装備されていないため、必要があればインストールすれば使うことができます。


    しかし、iPhoneは機能として、赤外線通信、おサイフ携帯、ワンセグや防水機能などは備えておりません。こういったものを使う機会がある場合はAndroidを利用すると使うことができます。
    また、SDカードのスロットルがないので、保存するには、別売りのカードリーダーを使ったり、Dropboxなどのサービスを利用して使うことができるようになります。



    しかし、アプリはiPhoneの方が圧倒的に多く、AppStoreのラインナップはとても充実しており、しかも、セキュリティーに関してAppがしっかりと監視しているため、個人でセキュリティーソフトをダウンロードしたりといったメモリーを使う行為は必要ありません。



    また、iPhoneは規格が一定なので、アクセサリーを探すことに苦労しなくても手に入れることができます。Androidの場合は、規格が会社によって異なり、なかなか手に入らないということも多いのですが、アクセサリを探すのに手間がかからないということが上げられます。

    iPhoneは、もともと音楽プレイヤーので、音楽の再生や管理、購入などがとても得意な点が上げられます。
    iTunesというパソコンのソフトで、音楽や動画、電子書籍、アプリやバックアップなどができ、パソコンで曲を購入したり、クラウド上に音楽を保存して、複数の機器で音楽を統一することができるといったメリットがあります。



    どちらが合っているかは、自分の使いたい機能で決めることが大切です。