欧米留学よりもフィリピン留学

語学留学をして英会話能力を上達させたいのならフィリピン留学が効果的です。

欧米に留学するとネイティブスピーカーから教育を受けることができ、世界の主流得あるアメリカ英語やイギリス英語を身につけることができますが、語学学校に通った場合には話す機会に恵まれないというデメリットがあるのです。
その点でフィリピン留学の場合にはカリキュラムの中に積極的にマンツーマン指導や少人数グループディスカッションを盛り込んでいるため、授業時間あたりで英会話をしている時間が長くなります。



会話は半分以上は経験によるものが大きいので、話したい聞いたりする機会を多くとれるフィリピンの語学学校で学ぶ方がより英会話能力の習得に優れているのです。



また、フィリピン人の講師はフィリピンにいて英語を学んだ人であることが多く、英語を習得するのに際して苦労する点を身をもって理解しています。



そのため、ネイティブである講師に比べて学生がなぜ話すのに苦労をしているのかを理解してくれる可能性が高く、疑問点に対しても的確な答えを出してくれるのです。

このような状況に加えて、フィリピン留学を行うと学校の種類も選ぶことができます、スパルタ教育を行っているところもあり、強制されなければなかなか自分で勉強できないという人にも勉強ができる環境を見つけることができます。

これは自由と自律を重んじる欧米ではあまり見られないシステムであり、フィリピン留学ならではのメリットと言えます。